日本の金貨の古銭買取について

金貨は貨幣として海外でも多く使われていましたが、実は日本の歴史の中でも金貨が貨幣として使われていたことがありました。有名なのは江戸時代に使われていた大判や小判です。実際に見たことはなくても、その存在を知っている人は多くいることでしょう。その後の日本で金貨が発行されたのは明治時代に入ってからになります。国際的に信頼を得るための貨幣を造るために製造したとされています。古銭の価値は発行数や発行された年数により希少価値が高いとされ、古銭買取についても大変に高額で取引されているものもあります。明治に発行されたものには、4年、7年、9年、13年、25年に製造されていた1円金貨があります。その中で4年に製造されたものは枚数が多く希少価値は低いとされていますが、7年以降に製造されたものは発行枚数が少なく希少価値が高いとされています。特にその中で最も発行枚数が少ないとされるのは13年に製造されたものと言われています。そのため、ものによっては驚くほどの高額で取引される場合があるとのことです。大正時代にも5円や20円の価値として使われていた金貨が発行されました。また、記念コインについては純金製のものが様々に存在しています。

家が昔からある旧家であると、家の片付けを行っていたら古銭がたくさん見つかったということはよく聞かれます。古銭というからには昔使われていた古い小銭のことなのでしょうが、1円とか5円とかばかりで大して価値もないだろうと考える人がいるかもしれません。しかし、実は古銭には元々の貨幣価値が低くても流通が低かったためにその存在が希少とされるものが多くあるのです。特に古銭の中でも純金製の金貨に関しては、素材が持つ価値そのものが高いために高値で買取されることが多くあります。様々な歴史的なイベントにおいて発行されてきた記念金貨などは、それに加えてプレミアム価値もあるため、中には驚くぐらいの価格で買取されているものもあります。家族で趣味として記念金貨などをコレクションしている人がいたとしたら、そのようなものがあるかもしれません。もしも古銭買取を望むのであれば、それを専門としているところは多くあります。また、そのようなところは買取を長く行っている実績のあるところが多くあることが特徴です。中には知識をあまり持たないところがあり、そこでは相場より安く査定をされてしまう恐れがあるため、査定をする場合には豊富な知識と経験を持つ、実績のあるところを選びましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*